新たに誕生した女子バレーチーム「リガーレ仙台」
現時点で入団が決定している3名にインタビューを行い、新天地での意気込みを聞かせていただきました。
第2回は、宮城県大崎市出身 突如現れたニューフェイス 今野理子選手です!
 

 

 
見ている人を元気づけるプレーヤーを目指す
☆現時点ではメンバーが3名しかおりませんが、メンバーが集まり、徐々にチームとして活動されますが、今野選手自身、どういったプレーヤーになっていきたいですか?
この時点でチームに加えていただいたからといって、レギュラーが約束されている訳ではありませんので、まずはしっかり自分のプレーをアピールしていきたいと思っています。プレー以外のところでも、コートのどこにいるかが一目でわかるくらいのエネルギーを出して、自分を表現していきたいと思っています!!
そして、コートの中だけじゃなく、試合を見ている人たちを元気づけるプレーヤーになれるように頑張っていきたいと思います。
 
☆最後に、リガーレ仙台をどんな存在にしていきたいですか?
仙台ベルフィーユが解散してしまって、宮城県からVリーグチームがなくなってしまったことで私自身も寂しい思いをしました。ベルフィーユは地元のチームとして応援していた側でしたが、今回はプレーヤーとして、もう1度宮城県に感動を与えれるチームを目指して頑張っていきたいと思います。