新たに誕生した女子バレーチーム「リガーレ仙台」
現時点で入団が決定している3名にインタビューを行い、新天地での意気込みを聞かせていただきました。
第2回は、宮城県大崎市出身 突如現れたニューフェイス 今野理子選手です!
 

 

 
もう1度本気でバレーボールをやりたかった
☆まずは、リガーレ仙台を選んだ率直な理由って何ですか?
バレーボールをもう1度やりたかった。ただそれだけですね。
大学を卒業する時は、教員を目指すのか、それともバレーボールの道に進むのか悩んでいまして、その当時は教員としての道を選びました。
ただ、母校(宮城県:聖和学園高)でもコーチとしてバレーボールに携わらせていただいていました。教えることの難しさだったり、自分がプレーをしていた時とは違った喜びを感じながらバレーボールに向き合っていたのですが、もう1度プレーヤーとして頑張りたいという思いを捨てきれない自分もいました。
そのタイミングでリガーレ仙台設立のお話を聞き、教員としてではなく、バレーボーラーとして頑張ろうと思ったのが理由です。
 
☆実際チームに加入してみると、チーム内には葛和シニアディレクターや船崎監督、佐藤あり紗選手など、トップレベルで活躍された方が多く所属していますが、どう感じています。?
私にとっては凄い心強い味方ですし、トップレベルでの技術を吸収できる恵まれた環境だと思っています。
監督は私と同じセッター出身ですので、学ぶことがたくさんあると思いますし、ポジションは違いますが、あり紗さんからもプレミアリーグや全日本で経験されたことを少しでも吸収できればと思っています。
他にも、ベルフィーユに所属していた、ミナミさん(雨堤コーチ)やマサコさん(荻野選手)からも、技術だけでなく、バレーボールやチームに対しての考え方など、勉強することがたくさんありそうです(笑)